水理環境ダイナミクス分野   戸田研究室         

-Environmental Hydrodynamics Laboratory- Toda Lab.

 

 

Welcome to our website! 

京都大学工学研究科 社会基盤工学専攻 

 

 

 

 

■■ News

2019.1 山上路生先生が開発した河川流計測ロボットが計測自動制御学会・関西支部長賞(技術賞)を受賞しました. 

2019.1 24回地下空間シンポジウムで「地下浸水時の人体に作用する流体力とその危険性に関する実験的研究」で講演優秀賞を受賞しました.

2018.12 地下空間の防災・減災セミナー2018で講演を行いました. 講演者:岡本 隆明講演タイトル:「「流水によって生じる水難事故の危険性に関する実験的研究」

2018.12 基礎水理シンポジウム2018 「流木の現象と力学」で講演を行いました. 講演者:岡本 隆明講演タイトル:「流木集積による橋梁閉塞と迂回流による氾濫被害」

2018.6  International journal of heat and mass transfer 1編(開水路サイドキャビティの野外観測と輸送モデルの研究)が掲載されました。

2018.1 J. Flood Risk Managmement1編(水害防備林の水流エネルギー減衰に関する基礎研究)掲載されました.

2017.11  Water Resources Research1編(河川流の自動計測ロボットに関する開発研究)掲載されました.

2017.4  Physics of Fluids1編(界面ガス輸送モデルの研究)掲載されました.

2017.2 Journal of Hydrodynamics, Ser. B1編(キャビティ乱流の研究)掲載されました.

2016.12 土木学会論文集B(通常号)に「流木の挙動安定性と橋梁閉塞に及ぼす影響に関する基礎的研究」がに1編掲載されました.

2016.3 Journal of Hydraulic Research (JHR)1編(植生乱流の研究)掲載されました.

2015.12 土木学会論文集B(通常号)に「水面流速発散理論にもとづく開水路乱流におけるガス輸送現象 に関する研究」が掲載されました.

2015.10.23 応用力学フォーラム「応用力学の視点から河川の魚の生態を考える集い−魚道を例にして−」を開催しました.

2015.3.26 戸田圭一先生が、「京都大学 東京で学ぶ 京大の知シリーズ17 変動する社会と激変する自然災害」で講演を行いました.場所:京都大学 東京オフィス, 講演タイトル:「都市水害 ―地下と車に要注意―」

2013.12 ENVIRONMENTAL FLUID MECHANICS (EFMC)1編(キャビティ乱流の研究)掲載されました.

2013.10 ENVIRONMENTAL FLUID MECHANICS (EFMC)1編(植生乱流の研究)掲載されました.

■■ Member

教員と所属学生の紹介

戸田圭一 山上路生 岡本隆明

 

■■ Research Activities

人間活動と水理環境との相互関連を解析・総合して水域環境システムを解明・予測し,その工学的制御法を開発しています.

津波や洪水などの水害対策から水域環境の現象解明まで,幅広く研究しています.

詳しい研究内容はこちら

名誉教授の先生

20123月をもってご退職された禰津家久先生の紹介はこちら


!!!!配属を希望する学生諸君へ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Top | Member | Research | Instruments | Photos | Links | Mail |